DSC04040_1.jpg

​「巻ずしの味と育ってきたまちの風景を、受け継ぎ守りたい」
​    ーことぶきや(桑島) 店主 桑島 隆さんー

竹田で昔から愛されているグルメの一つに、巻ずしがあります。その巻ずしを手掛けているのが、広瀬神社の横で70年以上に渡り営業を続けている「ことぶきや(桑島)」さんです。

店主の桑島隆さんは竹田町商店街の副理事長を務めるなど、長年に渡り、竹田の発展のために尽力していただいてます。そんな桑島さんは、「竹田のためになるなら!」と、たけたんでんきに加入してくださっています。

また、たくさんの方にもたけたんでんきを紹介してくださり、続々と加入者が!

​そこで、たけたんでんきをたくさんの人に紹介したいと思った経緯をはじめ、「ことぶきや(桑島)」さんの歩みについても伺いました。

DSC04047_1.jpg

名物は地産にこだわった手作りの巻ずし

ー「ことぶきや(桑島)」さんは創業当時から巻ずしを作られていたのですか?

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

創業時は、日用雑貨と食料品店としてオープンしました。以前は、今の店舗があるところと、隣の駐車場になっている場所に「第二ことぶきや」があって、そっちでは食堂をしていたんです。そこでお客さんから頼まれて作った巻ずしが好評で、名物になったと聞いています。節分など注文が多い時は、400~500本巻いていますよ。

ー500本はすごいですね!巻ずしは材料のほとんどが竹田産で、毎朝手作りされていらっしゃると伺いました。手間暇もかかっていますよね。

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

そうですね、竹田産のお米、干椎茸、卵など、できるだけ地元のものを使うようにしています。他にも、でんぶはお店で手作りしています。

​私が実家を継いでからはお店の業態をお惣菜のテイクアウトと、食料品を扱うお店に変更しましたが、巻ずしは受け継ぎました。また跡を継いでからは、当時おばあちゃんの感覚で作っていた巻ずしを、砂糖の量や、酢の量など、工程の数値化も行いました。そのため、今も昔と変わらない味をお届けできています。

DSC04014_1.jpg

ー地域でイベントがある際にはお弁当やオードブル、おせちなども作られてお忙しい桑島さんですが、商店街の副理事長としても活躍されていらっしゃいますね。

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

以前は竹田の城下町の中に3つの商店街があったのですが、現在は1つの商店街組合となり、その副理事長を担当しています。

​雛祭りや竹楽をはじめ、子ども夜市など、城下町で行われる様々な事業運営に少しでも力になれれば、という思いで携わっています。

市と連携している電力であることが信頼に

ー「ことぶきや(桑島)」さんが、たけたんでんきに魅力を感じたのはどういう部分でしょうか?

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

まずは「料金が安くなりますよ」という金額的なメリットに興味を惹かれました。お店をしていると、冷暖房や照明でかなり電気を使いますから、月に10万円以上かかるときもあったので、料金が安くなるということは魅力的だと思いました。

​その後詳しく話を聞くと、竹田に利益が残るということ、子どもたちに利益還元をしてくれるということなど、自分たちにもそして竹田の町にもメリットが大きいなと思い、契約しました。

ー少しでも経費が抑えられるのは嬉しいですよね。たくさんの方への紹介をしてくださった時にはどういう点をPRしていただいたのでしょうか?

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

お店を経営しているといろんな電力会社から営業の電話がかかってくるんです。「安くなりますよ」と言われても、年配の方は特に実際どれが良いのかが分からないという方が多く、取捨選択ができないんですよね。

仮に電気を契約したとしても、「撤退します」と言われてしまったら困りますから、やっぱり大手で契約を続けてしまう方がほとんど

その点​、たけたんでんきは、竹田の会社が運営していて、しかも行政もバックアップしている組織ということであれば安心感がありますから、最初はそこを伝えるようにしました。

ー電力会社も増えていて分かりにくいということはよく聞きます。市と連携していることは大きな安心にもなりますよね。

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

電力会社は自分のところで発電しているわけではない電気を売ったりしていますよね。その辺りの仕組みが分かりにくいという部分もありますし、県外の電力会社さんとかでしたらなおさら「本当に大丈夫なんだろうか?」という不安があると思います。

​たけたんでんきさんは、竹田の人が営業に来てくれて、行政との連携をしていて、かつ大分の自然エネルギーを優先的に供給しているということと、収益還元ができるということが紹介した方々の安心や信頼に繋がったのだと思います。

ー今後たけたんでんきに期待することがあれば教えてください。

dYuMYBwMP6y9auN1643955464_1643955491.png

子どもたちでの収益還元だけでなく、高齢者であったり、まちづくりに寄与するような仕組みを手伝っていただけたら嬉しいですね。

​物の還元ではなくても、例えば何かイベントなど作業するときにお手伝いをするとか、いろんな方法があると思いますし、共にまちを残していくための活動ができると良いですね。

ーありがとうございました!まちづくり会社として、町により良い還元ができるように検討していきます!

DSC04012.JPG

ことぶきや(桑島)

〒878-0013 竹田市大字竹田2001-11

0974-62-2328

営業時間 7:30~19:00

​定休日 年始・その他不定休